平成30年度 苦情

夕方のお迎え時に、明らかに保育士と目が合ったのに挨拶もなく、子どもにお迎えだと知らせてくれた様子もなく、その様子に担任の先生が気が付いて子どもを呼んでくれました。自分を無視されたようで気分を害したとの事。
その保育士は、その方が見る限り、他の子どもの対応をしているわけでもなく、保護者の対応をしているわけでもなく、ウロウロとしているように見えたとの事でした。

【平成30年10月5日-21】

苦情を受け付けたその日の午後(10月4日)に主任会議を開きました。
苦情の内容を職員に伝え、自分であいさつしたつもりでも保護者の目にはそうは映っていないこともあるので細心の注意を払い、丁寧に対応することを再確認しあいました。担当保育士に気分を害された保護者の方へ丁寧に謝罪致しました。

****************************************************************

10月26日のお弁当が白ご飯で食べにくそうだったのでお帳面に、おにぎりの方が食べやすいのでお願いしたところ、次々に駄目と言われた保護者より(パン→× ごはん→おにぎり)、親の負担を理解してほしいとの苦情。
園児の最後の持ち物確認や、最低限の報告等もしてくださいとの事

【平成30年11月1日-22】

おにぎりの件につきましては、毎月のおべんとうの日のご協力に理解いただいているお礼を伝え、今まで通り「白ご飯」で良いことをお伝えしました。パンよりごはんと以前話した件につきましても詳しくお話しさせて頂きました。
又、持ち物や、報告に関しては今までも細かくチェックしたり、十分気を付けていましたが、今後もしっかりと確認・報告・連絡をしていくよう話し合いました。
又、お願い事はできるだけお母さまにお会いした時にするようにしたり、ケガ・体調等に関しましてはお帳面と口頭でお伝えするようにしていきたいと思います。


あおき保育園(宮崎県宮崎市)幼保連携型認定こども園