平成27年度 苦情

12月2日の午前中に園児が階段でお友達とぶつかり、その時は腫れ・赤みが全然なく冷やさなくても大丈夫と保育士が判断したが数時間経過後、赤くなっていることに気付き、冷やそうかと思ったが、時間が経過していたため、冷やしても意味がないと判断。
お迎えの時に新人保育士が「階段で転んで泣いていたので、その時の怪我だと思います。」と保護者に伝え、保護者は保育士に冷やさなかったのか聞いたが、「冷やしてません」と回答。「冷やさないんですか?」と再度保護者からの質問に対し、「たまに/特に・・」という曖昧な返事をしたので、その時の対応について、クレームとなった。
いつもは、怪我した時の状況や対処などを詳しく説明を受けていたが、今回は対応が悪かったとの苦言。
【H27.12.03-013】

主任・園長に相談
連絡帳にお詫びを記入し、お迎えの際口頭で主担が保護者(母)に対応。
保育士の言葉不足をお詫びし、状況を詳しく説明し、了承して頂きました。
夕方、再度自宅に電話をして様子を伺いました。クラスでは、苦情について、主任を交えて話し合いを行い再発防止のためしばらく怪我などの応対は主担任が担当、主担任が早番等で不在の際はクラスで使用している連絡伝言板に応対の仕方を詳しく記入するようにしました。保育士によって保護者への応対に差が出るといけないので、接遇マナー研修(全3回)を早急に計画し実施しました。


(園外保育実施時)「平和台公園で遊歩道を歩いているとき、園児を怒っている保育士に対し、怒り過ぎではないか? 
太ももを叩いているようにも見えた」という指摘の電話が入ったと子ども課より連絡がありました。
【H28.03.17-014】

担任に確認したところ、その時の状況は園児がふらふらしていたので、頑張って歩こうと声をかけていたとの話。
別の人が見て、激しく感じたのであれば、やはり対応の仕方が激しかったと思われるので、注意するように指摘しました。本人も十分反省しております。
後日、職員会議で子どもの対応の仕方について十分に気を付ける事と、接し方についての注意を具体例を挙げながら再度話し合いを行う予定です。

※ 怒られていたと思われる園児は、午前中に平和台公園へ園外保育時、寝不足・空腹のため体調が悪く、ふらふらするので、迎えに来てほしいと保育園に電話連絡が入り、早めに食事を済ませ、主任が園より迎えに行っておりました。

一般の方より、保育園へ電話連絡有り。 
16日(水)午後6時、保育園表玄関駐車場(運動場入口の木の下)に自転車を止めて、中学校へ柔道を見に行った。
30分後帰ってきたら、自転車のハンドルが真逆に巻き付いていた。中学生のいたずらかと思ったが、中学生であればそのまま乗っていくはず。保育園の保護者の車が自転車と接触してそのまま放置されたと思う。壊れたわけではないので、弁償とは言わないが、人が見ていなければそのまま放置して帰るマナーが問題だ。保護者に連絡して、事故があったことを伝え、マナー違反であることを伝えてほしい。
(自転車が10万円以上する高価なものだそうです。)
【H28.03.16-15】

主任に報告、園長に報告。

大変申し訳ございませんが目撃した人もおらず事実確認も難しい状態で、『保護者に注意を・・』と言われましても、保育園としては対応いたしかねます。駐輪場がありますので、次回ご利用の場合には、所定の場所へ駐車していただきますようにお願いいたします。


あおき保育園(宮崎県宮崎市)幼保連携型認定こども園